もう3年、まだ3年

夕暮れ時
大阪で住むようになって3年が経った
この写真を撮った場所は
一番最初に住み始めたアパートの近く
大阪に来た当初
ホームシックというわけでもないが
夕暮れのこの場所に佇むと
感慨深いものがあった
なにか憂うものがあったわ
この夕暮れの風景を見るとね
でも、まだ3年しか経ってないのね
もう、ずっとここに居る気がする
あ、友だちにも言われたものよ
大阪はもう10年ぐらいになるの、ってね
10年?!
まだまだよ
10年ぐらい居るように見えるのかな
大阪人になりきれてるってこと?
いいことかな?
そういえば最近
讃岐弁が出なくなったわ
前は時々「今、何言うたん?」とか聞かれてたけど
なんか大阪弁が板についたみたいよ
大阪弁がカマボコで.....
ほら、カマボコって板についてるじゃん
まぁ、こんなもんやな
こないだ、前に住んでたとこを通ったから
写真撮ってみたの
ちょうど夕暮れ時だったしね
3年前のことを思わず思い出したわ
憂いは感じなかったけどね
では又ごきげんよ~~っ

スポンサーサイト

2017.04.16 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 独り言・戯言



コメント

大阪に住まわれてから
もう3年になるんですね。
もうはまだなり まだはもうなり
なんてことを言いますが
これは相場の格言でした。

以前、住んでいたところを見ると
その時のことを思い出すんですよねぇ。

2017/04/16 (日) 18:41:21 | URL | とし坊07 #- [ 編集 ]

この写真の場所、なんとなく見覚えが。
いや、自転車で迷子になってね、線路沿いに走れば
どこかにたどり着くだろうと走ったことが(笑)
夜になると、方向感覚がなくなるので、
あせりながらさまよってた←すでに方向が間違ってる
そのときの風景に似てるんですよね~
関係ないけど、懐かしいなー(笑)

2017/04/18 (火) 20:17:38 | URL | バケツ #8eHAFty. [ 編集 ]

人生の一部?

わかるようなわからないような・・・、

私は地元の北海道(道東)を出て38年にもなりますけど、未だ自分が生まれ育った地にはいつかは帰りたいと思っています。
でも女房は私と同郷なのに、高校卒業とほぼ同時期に私と一緒に愛知県へ出て来たせいで地元愛は超薄く、人生の2/3をここ(地元から遠く離れた愛知県)で暮らしていたせいで、ここが自分の居場所だと思っているみたいです。

私の場合、北海道で5年も独り暮らしをしていたせいかもしれませんけど、女房は親からの支援を受け続けながら学校を卒業し、間もなく親の了解は得られなかったものの私と結婚してしまったせいか、過去独りで生きて来た経験がなく、今だからこそ自分で生きて行ける状況なんでしょう。
ただし私の立場は、女房が自力で生きて行くための重要な部品であることが大前提?らしいけど。

それって自力???

ようは自分だけで生きて行ける場所(衣食住すべてで)が最初の自分の居場所であるわけで、それがいつ何時なのかは人それぞれ。
それを1度乗り越えられれば何度住む場所が変わろうと変らない。

過去の(若かりし頃の)独り立ちし始めたたった数年の生活環境の違いが、将来の自分の考え方の違いになるというのも面白いもんですよね。

2017/04/20 (木) 07:19:37 | URL | 中森 ユウジ #3hdV29OM [ 編集 ]

>とし坊様

大阪に出てきたときの複雑な心境を思い出しました
(複雑な心境って何?!ってか~)

今は単純明快です(笑)

2017/04/20 (木) 09:17:09 | URL | 谷口冴 #- [ 編集 ]

>バケツ様

あらら~
この辺りで迷子に?

でも、どうでしょうか
ここはJR吹田駅から西へ延びる府道(市道かな)沿いです
もう少し行けば
阪急吹田駅という所ですよ(^^)

2017/04/20 (木) 09:22:01 | URL | 谷口冴 #- [ 編集 ]

>中森ユウジ様

「ふるさとは遠くにありて思うもの」
なんて、よく言いますが
私の場合
あまり故郷に思いを馳せることはありません

でも人生の中で
大きな出来事と重なってるとき
その場所の占める割合は大きくなります
場所が大事なこともありますね

大阪という地が私を成長させてくれたのは
紛れもない事実です、ハイ(^^)

2017/04/20 (木) 09:33:29 | URL | 谷口冴 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

谷口冴

Author:谷口冴
とある作家の独り言・戯言……

いらっしゃ~い!

現在の閲覧者数:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ